聖家族  カトリック福知山教会                

  カトッリクとは

                                                                                                                         
 カトリック教会の起源

 約2000年前、イエス・キリストが十字架の上で亡くなり、3日後に復活し弟子たちの元に現れました。
 その姿を見た、12人の弟子たちが集まり、イエスの教えを広めはじめました。教会はイエスの体だと言われ
 ています。
 その後、幾多の迫害にあい殉教の悲劇を経ながらも、ローマを総本山とするカトリック教会が確立され、今で
 は全世界に
 広がりを持つ宗教となりました。

 カトリックの信仰

 カトリックの信仰は、聖書に基ずいて神のみ言葉に従って生きることです。
 天の御父より御子イエス・キリストが遣わされ、言葉と行い、死と復活によって人々を救う神の愛
 が示されたことを信じ、すべてを神に委ねることです。
 聖書には、キリストの生誕以前までの神の言葉と行いを記した旧約聖書と、キリストの生涯を
 弟子たちが記した新約聖書があります。
 これらの聖書を繰り返し読むことによって私たちの信仰はつよめられます。
 
                   死刑に関するカトリック教会カテキズムの改訂について
   

死刑に関する「カトリック教会カテキズム」2267番の改訂教皇答書

 死刑に関する「カトリック教会カテキズム」2267改訂についての司教への書簡

教皇フランシスコ、2019復活祭メッセージ(ローマと全世界へ)

                             上記ファイルをクリックしご覧ください。

           

                                                                      Basilica San Pietro